AG039_L

いよいよ初めてソープ嬢とのご対面、果たしてドストライクの娘は待っているのでしょうか・・・?
というわけで、店員に呼ばれソープ嬢とご対面です。
ソープ嬢は階段の前で待っているとのことで、いよいよお顔を拝見します。

結果的にいうと、少なくともドストライクではありませんでした。
第一印象は「写真はだいぶいじってるな-」という感じです。
この時のソープ嬢の名前はもう忘れてしまったので、仮にAちゃんとします。

Aちゃんはホームページの写真よりもいくぶん童顔でしたが、ちょっと出っ歯気味なのが気になりました。
ブサイク・・・とまではいいませんが、ちょっと自分の好みとはずれていて期待はずれな感じでした。

そんなわけでちょっと気持ちが萎えながらも、Aちゃんと手をつないで部屋へ向かいました。
部屋に入ると自己紹介をしました。
Aちゃんは二十歳の女の子とのこと(自己申告ですが)。
地元の娘ではなく大阪出身で、確かにノリはいい感じの娘でした。

さてさて、あいさつもそこそこにさっそく体を洗ってもらうことにしました。
このお店はベッドのある部屋とシャワールームが敷居で分かれていました。
服を脱がしてもらいシャワールームへ。
綺麗な作りですが、あまり広くはありません。

先に裸でシャワールームで待っているとAちゃんも素っ裸でやってきました。
いわゆるスケベ椅子に座りAちゃんに身体を洗ってもらいます。
Aちゃんは身体にボディソープの泡を塗りたくり、私に密着して洗ってくれました。
これがうわさに聞く洗体プレイか・・・」などと軽く感動しながら、Aちゃんの柔らかい肌やおっぱいの感触を楽しみました。
そして腕を洗ってもらうところで、Aちゃんは私の腕にまたがるような体勢になり、オマンコの泡でゴシゴシ洗ってくれました。Aちゃんの下の毛がいい感じに泡立っていました。
これが「これがうわさに聞くたわし洗いか・・・」などと軽く感動しながら、Aちゃんのオマンコの感触を楽しみました。

さてさて洗体が終了したら湯船に浸かって一休み。
今回はマットプレイ付きだったので、その間Aちゃんはマットの準備をしています。
ほどなくマットの準備が整い、いよいよマットプレイにのぞみます。
感想というと「普通」でした。以前紹介したシャワーガーデンのMちゃんほどではないかなーと思いました。
といえ今回はソープランドですので、本番があるわけですよ。
一通りマッサージしてもらい、チンポもいい感じに勃起したところで、その瞬間がやってきました。

そしてAちゃんは衝撃の一言を私に告げました。
「生でいいよ・・・」

「生」・・・そうつまりコンドーム無しで挿入してもOKということです。
なんで生でOKだったのか分かりませんでしたが、せっかくなのでその申し出を受託。
Aちゃんに下になってもらい正常位で挿入しました。

挿入するとチンポにAちゃんの体温がダイレクトに伝わってきます。
「これは、気持ちいい・・・ 」などと感じていましたが、マットで正常位はなかなか難しく、腰をうまく振ることができません。
結果、 気持ちはいいけど射精するほどでは無い感じになり、断念しました。
ついでになぜかAちゃんは騎乗位ができないので、手コキで抜いてもらいフィニッシュとなりました。

そのあとちょっと休憩して体をキレイに流してお別れとなりました。
ちなみにこのお店は帰り際にサービス料を直接女の子に渡すシステムだったので、若干焦りました。

そんなこんなで、初めてのソープランドはラッキーな点はありましたが、ほろ苦いものとなりました。 
この時の私は、「ソープランドって微妙やな- 」などと考えていましたが、その後ものすごい回数通うことになります。