img_07

道後にはヘルス以外にソープランドもあり、全国有数のソープ街としても有名です。
あるからには行きたくなるもので、いよいよ私もソープランドデビューを果たすことになります。
一人で休日出勤をしている時のこと、一区切りついたところで休憩のつもりでネットサーフィンをしておりました。
一人ぼっちということもあり、自然と風俗サイトも覗いちゃうわけですよ。

特にジャンルを絞ること無く、お店の情報と女の子を見ていたのですが、あるアウマスジェーメアスというソープランドで顔と身体がドストライクな娘を見つけました。
ちなみにアウマスジェーメアスは今はもうなく、別の名前のお店になっています。

見つけてしまうと、気持ちが悶々としていまい、もう仕事どころではありません。
しかし、ソープランドは行ったことがなく、何となく躊躇する気持ちもありました。
「行くか、行かざるべきか・・・ 」、10分ほど悩みましたが、結局行くことにしました。

ドストライクの女の子がちょうど出勤中だったので、予め電話予約をすることにしました。
ちなみに女の子を電話で指名したのはこの時が初めてです。

お店に電話をかけると物腰の柔らかそうな男性が電話に出ました。
緊張しながら指名の女の子と希望の時間を伝えます。
すぐに行けることだったので、早速お店に向かうことにしました。

アウマスジェーメアスは道後の風俗街のほぼ入口辺りに店がありました。
専用の駐車場もありましたが、例によってちょっと離れた駐車場に車を止め徒歩でお店まで行きました。
お店に到着すると店員が出迎えてくれました。
このお店は道後の中では高級店という位置づけらしく、店員の接客は丁寧でお店の内装も格調高い装飾がされていました。

待合室に入るとすでに2、3人の客が今か今かと待っているところでした。
ところで、風俗店は料金先払いというのが普通だと思いますが、このお店は受付では入浴料だけ支払い、残りは女の子に直接渡すというシステムになっていました。
入浴料がお店の取り分でサービス料が女の子の取り分だからでしょうが、道後のソープランドでこんなシステムなのはこの店だけだったと思います。

さて、 入浴料を支払い待合室で待っていると、予約をしていたせいかすぐにお呼びがかかりました。
女の子は階段の前で待っているとのことで、待合室を出るとご対面です。

初めてのソープランド、否が応でも期待が高まります。
果たして、吉と出るか凶と出るか・・・?
【後編に続く】